症状に気が付いたらすぐ病院へ|腸閉塞は早期発見が鍵となる

患者

きちんと睡眠をとる

病院

睡眠時無呼吸症候群と言う病名を聞いたことがある方は多いと思います。睡眠時に起こる症状で睡眠時に呼吸が止まることを睡眠時無呼吸症候群と言います。睡眠は、人間にとって1日のうちの3分の1が睡眠と言われているほど大切なものです。睡眠時間が短いと人間の体は不調を起こし様々な症状が出てきて生活に影響を与えます。睡眠時無呼吸症候群になると何度も睡眠時に呼吸が止まり熟睡感がなく、日中眠くなったり、体がだるく感じたりと不調が出ます。その症状のせいで運転中に眠くなり事故を起こしたり、体がだるく感じる倦怠感があり仕事に集中できなかったり、常に寝不足の状態を感じていることになります。十分な睡眠がとれず体も心も疲れてきます。

睡眠時無呼吸症候群の原因は、肥満体型の方や首の短い方、扁桃肥大、鼻の変形などが考えられます。肥満の方は、脂肪が喉を圧迫しています。ダイエットして痩せると症状が緩和することが出来ます。その他の原因も治療をすると症状は緩和してきます。睡眠時無呼吸症候群が心配な方は、チェックしてみましょう。いびきが異常なぐらい大きい、夜中のトイレが増えた、日中疲労感がある、寝たような気がしない、睡眠不足を感じる、起床時の頭痛などが挙げられます。肥満体型の方は、睡眠時無呼吸症候群を疑ってみましょう。治療は、専用の器具になります。空気を送り込む器具を装着します。保険対象内なので安心して治療を受けましょう。睡眠時無呼吸症候群は、治療をすると緩和します。